HOME»  小鉋»  四方反鉋»  四方反り鉋裏金付 36mm

四方反り鉋裏金付 36mm

四方反鉋は反台鉋の変形で、下端(台の下端)の四方とも湾曲した型で、器、鉢、などの内側をけずるのに役たつ鉋で、椅子やスツールの座板を好みの深さで削ったり、見た目と座りやすさを自分流で削る時などに良く使う鉋、裏金付と一枚刃の裏なしがある。裏金は木材の逆目を押さえる役目であるが、裏無しの鉋でも台の仕込みで逆目は起きないように仕込んである

関連商品